fbpx

Webライターは副業禁止だけどバレない?対策や始めるべき理由を解説

この記事で解決できる悩み
①:副業禁止の会社でもWebライターの仕事はできる?
②:副業禁止でもWebライターはやるべき?
③:副業禁止の会社でバレずにWebライターを行う方法

副業でWebライターの仕事を始める方は多くなっていますが、実際にはほとんどの方が副業を始める前のある段階で立ち止まってしまっています。

それは【副業禁止】だからできない!問題です。

結論を先に言ってしまうと、ほとんどの方は副業禁止でも全く気にすることなくWebライターを始めて大丈夫ですよ。

すいません、まず最初に軽く自己紹介すると、

MASAKI

インスタ(https://www.instagram.com/masakilog) Twitter(@masakilog1)YouTube(マサキ【筋トレ・お金の知識・海外生活】)

という感じで私自身、副業禁止の会社で副業からWebライターの仕事を始めて、現在はフリーランスWebライターとして会社員時代の3倍の収入を得ています。

この経験から、今まさに副業禁止でもWebライターはできるのか悩んでいる方の参考になる話ができると確信しているので、ぜひ参考にしてください!

私が副業禁止の会社で副業Webライターを始めたのは2020年の4月です。

今あなたは当時の私と同じ状況にいるので、副業禁止でもWebライターで稼いで収入を増やせるか、それとも副業を行わずに今の会社に居続けるかの瀬戸際です。

最終的に決めるのは自分自身ですが、この記事を読むことがきっかけで人生の方向性がガラッと変わる可能性があるので、Webライターの仕事に興味がある方必見ですよ。

ポイント
記事後半では、本当に副業ができない可能性のあるパターンを紹介しています

Webライターは副業禁止でもできる?

女の子

副業にチャレンジしたいけど、私の会社副業禁止だから無理だ・・

という方はおそらく日本中に8000万人くらいいると思いますが、結論を言ってしまうと(2回目)

全く気にせずやって大丈夫です!

働いている会社の規則によって詳細は異なりますが、ほとんどの場合は気にする必要はありません。

女の子

いやいや!バレたらダメでしょ!って話だよ

と思うかもしれませんが、そもそも会社員が副業を行って収入を得ていたとしても、会社側は知る術がありません。

ひとつだけ住民税の通知によってバレてしまう可能性がありますが、余裕で対策できます←後ほど詳しく方法を解説します!

つまりバレたくてもバレないレベルの話なんです。

ほとんどの方はバレることを気にして副業を行えないと思いますが、しっかり対策することでバレる可能性はほぼゼロにできるので安心してください

MASAKI

私も副業始めたばかりの頃はバレないか心配しまくってたから安心して欲しい!

副業禁止はあくまで就業規則

バレる可能性がほとんどないと聞いても、人によってはもしバレて会社をクビになってしまうリスクがあるのなら、やりたくない!と考えるかもしれません。

女の子

でも、もしバレたらクビになっちゃうんでしょ??

勘違いして欲しくないことは、例え勤めている会社が副業禁止だとしても、あくまでそれは就業規則で決まっていることで、決して国が定めた法律ではないということです!

労働関係の法律には副業についての規定は特になく、就業時間外の余暇は自由に利用できるのが法律上の見解になります。

女の子

そうなんだ!じゃあクビにならないということ?

それは会社の就業規則を確認して、副業についてどう規定されているのかを確認しましょう!

就職した時に雇用契約書や労働条件通知書をもらっている場合は、こちらも確認してください。

就業規則によっては副業を禁止しているけど、懲戒解雇となる規定がされていない場合はバレてもクビにならないかもしれません。

MASAKI

就業規則を読んでも不安な方は、会社に相談して許可をもらうのが最も安全です!

超個人的には例え副業禁止かつ明確に懲戒解雇にすると規定されていたとしても、そもそもバレないからやっちゃえよYou!と思います(自己責任でお願いしますね)

副業禁止でもWebライターをやるべき理由

女の子

副業禁止でもあくまで会社だけの規則で、そもそもバレないなら大丈夫なのかな・・?

という感じで、まだ不安がある方もいるかと思いますが、副業禁止でバレて会社をクビになる確率と、副業を行ったことで得られる様々なメリットを比較すると

深く考えることもなく副業を行うメリットの方が大きいことが分かります。

副業を行うメリット
①:収入を増やせる
②:収入が安定する
③:転職できる人材になる
④:日々の生活が充実する

対策すればバレることなく、バレても会社をクビになる可能性が少ないにも関わらず副業バレを恐れて、上記のメリットを得られないのはあまりにも大きな機会損失といえます。

MASAKI

ぶっちゃけ副業禁止とかどうでもいいレベルで副業を行うメリットが大きいよ!

①収入を増やせる

副業を始めるべき1番の理由は単純に収入を増やしやすいからです。

私のブログを参考にWebライターを始めれば、初月から月5万円稼ぐことも難しくなく、人によっては半年以内に月20万円を超える方もいるはずです。

会社員で5万円給料を上げるには何年かかりますか?

MASAKI

月5万円収入を増やせれば、美味しいご飯も旅行も毎月行けるようになります!

②収入が安定する

副業を始めて、会社員以外の収入源を作ることができれば、例えコロナウイルスのパンデミックで会社の収入が減ってしまっても問題ありませんし、会社の倒産や解雇など収入を失う状況になっても、完全に収入を失うことはありません。

昭和平成は大企業に勤めることが安定と言われていました。それは決して間違いではないです。

しかし、AIの発達によって会社の寿命は年々短くなっており、例え大企業でも終身雇用を行うのは難しい状況に陥っています。

なので、令和の安定は会社員以外で自分で稼げる収入源を作ることだと言えます。

MASAKI

あなたの会社は終身雇用してくれますか?

③転職できる人材になる

副業でWebライターを行うことで、Webライティングスキルやセールスライティングスキルを身につけることができ、転職しやすい人材になれます。

正直いって今は大手IT企業の多くが副業を解禁しており、副業で成果を出している方を積極的に採用している企業まで存在するほど状況は変化しています。

会社員として働く実績も大事ですが、自ら考えて行動し、身につけたスキルや実績の方が評価してもらえます。

MASAKI

転職で自信を持ってアピールできる実績はありますか?

④日々の生活が充実する

最後に私が全ての人に副業を始めることを特におすすめしている理由は、日々の生活が充実するからです。

私は副業を始める前は筋トレだけしていましたが、それ以外は特にこれといってやることもなく、毎日ダラダラと過ごしていました。

「暇つぶし」としてYouTube見たりNetflix見たりするのですが、副業を始めると暇つぶしなんてする必要がなくなります。

毎日自分でタスクを決めて、それをこなしていく。

最初は簡単なタスクでも良いので、この過程を繰り返していくと、自己肯定感が高まって生活の充実感が増すので、何か日々の生活に満足していない方は新しい挑戦として副業にチャレンジしてみるのも面白いと思います!

MASAKI

副業が趣味にまで昇華できれば最高だね!

副業禁止の会社にWebライターの仕事がバレる原因

女の子

よし!副業でWebライター始めるよ!

では副業禁止の会社だとしても、Webライターの仕事がバレる原因を3つ紹介します。

副業がバレる原因
①:住民税の徴収額
②:噂
③:SNSやネット検索

MASAKI

基本的にはこの3つの原因を抑えておけば心配いらないよ!

①住民税の徴収額

副業収入のある方は、会社側で住民税の徴収額が給与収入と異なるので、副業収入がバレてしまいます。

全く1年間副業収入がなかった方は心配入りませんが、そんなことはあり得ないので、住民税の徴収額でバレる可能性があります。

副業バレで最も多いパターンはこの住民税の徴収額なので、この対策を行えば95%副業バレを防ぐことができます(詳しくは後ほど解説します)

②噂

税金以外に副業がバレてしまう原因としては、自ら職場の同僚や後輩などに副業をしていることを話してしまって、噂として上司に知られてしまうパターンです。

「いやいや話さないでしょ!」と思うかもしれませんが、副業で大きな金額を稼げてくると、誰かに話したくなってしまうのが人間です。

どれだけ信用している同僚や後輩だとしても、何が起きるか分からないので、くれぐれも喋らないように気をつけましょう!

③SNSやネット検索

3つ目の原因はSNSアカウントが知られてしまったり、ネット検索で表示されてしまうことです。

本名顔出しで副業を行うメリットは大きいので、個人的には本名で活動することをおすすめしていますが、副業バレのリスクは高くなるので、不安な方は副業Webライターのうちは匿名で行って、独立してから本名で活動すると良いでしょう。

副業禁止の会社でWebライターをバレずに行う方法

副業禁止の会社でWebライターをバレずに行う方法は次の通りです。

Webライターをバレずに行う方法
①:住民税を普通徴収に変更する
②:副業していることを話さない
③:就業時間中に副業を行わない

上記の動画でも解説していますが、この3つを忘れずに守れば99%副業がバレることはありません!

①住民税を普通徴収に変更する

副業収入がある方は確定申告を行って税金を支払う必要があるのですが、この時に住民税の納付方法を特別徴収ではなく普通徴収に切り替えることで副業バレを防げます。

基本的に特別徴収として住民税が天引きされて納めていますが、普通徴収に切り替えることで、副業収入分の住民税を自分で納付することができます。

自宅に住民税の納付書が郵送されるので、コンビニなどで支払うだけでOKです!

普通徴収に切り替えるだけでも問題ありませんが、本当に自分で徴収になっているか不安な方は、市区町村の税務署に電話して確認してみると良いでしょう。

確定申告は難しいイメージがあるけど、今は上記のような申告ツールを無料で利用できて、簡単に確定申告できるから安心だよ!

私はやよいの青色申告を活用していますが、ぶっちゃけどれでも変わりません笑。

MASAKI

確定申告書を作る時に普通徴収に◯をつけるだけなので、びっくりするくらい簡単です!

②副業していることを話さない

住民税の通知以外にバレるとしたら、副業していることを誰かに話してしまうことです。

別に悪いことをしている訳ではないとはいえ、副業禁止の会社にバレてしまうと面倒くさいことになるので、誰にも話さない方が良いでしょう。

動画でも話しているように、私は一部の副業に興味があって、始めようとしている方にだけ話していました。

また、退職前は今更バレても気にしないので、信頼できる人には軽く伝えていたかな。

ですが基本的にはどれだけ信頼できる人でも話さないに越したことはありません。

壁に耳あり障子に目ありです。

③就業時間中に副業を行わない

めちゃくちゃ当たり前ですが、就業時間中に副業を行ってはいけません。

副業禁止の会社でバレてしまっても簡単にはクビになりませんが、就業時間中に副業していたら間違いなくクビになります。

MASAKI

会社のパソコンで副業に関係する調べ物をすることもダメだよ!

Webライターの副業が行えないパターン

女の子

副業禁止でも全然できるんだね!

MASAKI

基本的には問題ないけど、一部例外があるから紹介するね
Webライターの副業が行えないパターン
①:公務員
②:副業禁止規定が厳しい

①公務員

公務員は副業が明確に禁止されている場合が多く、営利目的で行われる事業は認められていません。

公務員の方も副業がバレる可能性は非常に少ないですが、バレてしまった場合は停職や懲戒処分・減給などにあたる事例があるので、注意が必要です。

②副業禁止規定が厳しい

勤めている会社によっては副業禁止規定が厳しく、懲戒処分はもちろん、情報漏洩に該当する場合は損害賠償が発生する可能性もあります。

なのでWebライターとして副業を行う場合は、会社の就業規則をしっかり確認して、必要によっては許可を得てから行うことをおすすめします。

副業禁止でもWebライターを始めよう!

今回は副業禁止でもWebライターを始めた方が良い理由や、バレない方法を紹介しました。

しっかり対策することで副業がバレる可能性は99%ありませんし、仮にバレてしまったとしても簡単にクビになったりはしません。

また、副業で得られるメリットは非常に大きいので、副業禁止だからって諦めてしまうのは勿体なさすぎます。

副業でWebライターを始める手順や、具体的な稼ぎ方は全てこのブログで解説しているので、参考にしてください!

【未経験OK】Webライターの副業始め方4ステップ【私の実体験です】

【未経験OK】Webライターの副業始め方4ステップ【私の実体験です】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です